アパート経営で得られる魅力

初めて不動産投資をされる方が手軽に始められるのはアパート経営ではないでしょうか。
鉄筋コンクリートが必須の建物であるマンションとは違い、アパートは木造でも建てる事が出来るので投資額が少なくて済みます。
つまり、ローンの支払いが早期に終える事が出来て短期回収が出来ます。

アパートの建築費用は一般住宅に少しプラスする程度なので、最初は初期投資の少ないアパート経営から始めると良いと思います。
最初から大きな投資額だと初心者にはリスク管理が難しいからです。自分の為の住宅とは違って毎月家賃が入るので返済を早く終わらせる事も出来ますし、その後は家賃収入が全部利益となるのです。

鉄筋コンクリートのマンションよりも木造のアパートのほうが短期のうちに経費に算入しやすく、所得を減らすメリットがあります。
結果的に所得税を減らし、固定資産税を減らし、給与所得の税金を減らす効果があります。

アパートの方が小規模なので相続税を減らす効果も高くなります。
大きな建物よりも小規模なアパートのほうが外壁や屋根の塗装費などの修繕費や、エアコンなどの設備にかかる修繕費も安くなります。
戸数が多いとそれだけ多くの費用がかかるのでアパートのほうがリスクが少ないと考えます。